なんで、スピンが掛かるの?

フェイス面の「ボールをこする動き」がスピンを掛ける。

§1 ボールをこする動き 

 ヘッドがボールと当たった瞬間(以下、「インパクトの瞬間」と言います)、打面(フェイス面)は、「ボールを押す動き」と「ボールをこする動き」をします。ボールを押す動きは、ボールに「ボールを飛ばす力」を与えます。そして、ボールをこする動きは、ボールに「ボールを回転させる力」を与えます。
 つまり、インパクトの瞬間のフェイス面がボールをこする動きによってスピンが掛かるのです。

§2 フェイス面の動きの分解 

 フェイス面が、フェイス面と直角な方向(以下、「フェイス向き」と言います)に動く場合は、フェイス面がボールをこする動きは生じないので、スピンはかかりません。しかし、フェイス面が動く方向(以下、「ヘッド軌道」と言います)がフェイス向きと一致しない場合は、ボールをこする動きが生じるので、スピンがかかります。
 このことは、上図に示すように、ヘッドの動きを「フェイス面と直角な方向」と「フェイス面に平行な方向」に分解して考えると理解しやすいと思います。

§3 バック・スピンの発生

 先述の内容を基に、バック・スピンのかかり方を考えると、上図のようになります。
 フェイス面の向きと、ヘッド軌道の角度差が大きくなるほどボールを縦にこする動きが大きくなるので、バック・スピンが多くなる傾向があります。

§4 サイド・スピンの発生

 同様に、サイド・スピンのかかり方を考えたものが上図です。
 バック・スピン同様、フェイス面の向きとヘッド軌道の角度差が大きくなるほど、ボールを横にこする動きが大きくなるので、サイド・スピンが増える傾向があります。

§5 ボールが滑るとスピンはかからない 

 これまで述べてきた通り、「ボールをこする動き」がスピンの源なのですが、フェイス面でボールをこすっても、ボールが滑ってしまうとスピンをかけることはできません。酷い場合はスピン量が半分以下に減ってしまうこともあり、そうなるとボールはすぐに落下してしまい飛距離が出ません。
 ボールが滑りやすい状況の代表格は「ボールやフェイス面が雨などによって濡れているとき」です。また、フェイス面にオイルやワックス等を塗ったときも滑りやすくなりますし、フェイス面についた汚れも影響するので注意が必要です。
 こうした問題を回避し安定したスピンを得るためには、ショットの前にフェイス面とボールを乾いたきれいな布などで拭くのが効果的だと思われます。