弾道からスイングの特徴を判断しよう

フルショットの弾道からヘッド軌道とフェイス向きの傾向がわかる。

§1 左右飛び出し方向からヘッド軌道がわかる 

 ボールの左右飛び出し方向は「フェイス向きとヘッド軌道の間」ですが、フルショットでは「ヘッド軌道」に近くなります。従って、フルショットの場合、ボールの左右飛び出し方向からインパクト時のヘッド軌道を推定することができます
 ヘッド軌道と左右飛び出し方向の関係は下表のようになります。なお、ヘッド軌道は3種類あり、それぞれに名前がついています。

ヘッド軌道の名前の由来について

 ヘッド軌道の名前は、下図のようにショットの目標線を基準として、その手前側(ゴルファー側)を「インサイド」と呼び、向こう側を「アウトサイド」と呼ぶことに由来しています。この表現はゴルフでは頻繁に使われますので、覚えておいた方が得です。

§2 曲がり方からヘッド軌道に対するフェイス向きが判る

 フェイス向きとヘッド軌道の方向が一致していない場合は「フェイス面がボールをこする動き」が発生し、それによりボールにサイド・スピンが掛かります。その形態を下図に示します。
 フェイス向きがヘッド軌道に対し向こう側(右利きの場合は右)を向いている場合(「フェイスが開いている」またはフェイス向き「オープン」と表現します)は、スライス・スピンが掛かり、ボールは向こう側(右利きの場合は右)へ曲がっていきます。
 フェイス向きがヘッド軌道に対し手前側(右利きの場合は左)を向いている場合(「フェイスが閉じている」またはフェイス向き「クローズ」と表現します)は、フック・スピンが掛かり、ボールは手前側(右利きの場合は左)へ曲がっていきます。

§3 まとめ

 §1と§2の内容をまとめると、下表のようになります。
このように、弾道から、スイングの特徴である「ヘッド軌道」と「ヘッド軌道に対するフェイス向き」の傾向を判断することができます。これを覚えておくと、ミスショットした時や調子の悪い時に、その原因を突き止め改善方法を考えるのに役立ちます。