なんで、フェイスが開いてインパクトしてしまうの?

インパクトで左肘(左利きの場合は右肘)が左横を向いているから。

§1 スイングの違い

 下図に「インパクトでフェイスが開く(目標よりも右を向く)スイング」と「インパクトでフェイスがスクエアな(目標方向を向く)スイング」を示します。・・・・・両者の違いが判りますか?
※注 下図のスイングは違いを分かりやすくするためにカラダの回転や下半身の動きを抑え、手・腕のみを動かしています。

OpenFaceSwing
左:インパクトでフェイスが開くスイング
右:インパクトでフェイスがスクエアなスイング

§2 インパクトの違い

 §1に示した2つのスイングのインパクトの違いを下図に示します。

左:インパクトでフェイスが開くスイング
右:インパクトでフェイスがスクエアなスイング

【2つのスイングのインパクトの違い】
(1)左肘の向き
 ・フェイスが開くスイング:左肘が左横を向いている
    ※一般に「脇が開いている・甘い」「フォローで左腕がたためていない」とも言われる現象。
 ・フェイスがスクエアなスイング:左肘が左斜め下を向いている
(2)手の左右位置
 ・フェイスが開くスイング: 手がカラダの中心から左に大きくずれている
    ※一般に「振り遅れ」と言われている現象。
 ・フェイスがスクエアなスイング:カラダの中心からの手のズレは小さい
(3)手とカラダの間隔
 ・ フェイスが開くスイング: 手とカラダの間隔が大きい(遠い)
    ※一般に「ハンドアップ」と言われている現象。「空振り」や「シャンク」の原因となる。
 ・フェイスがスクエアなスイング:手とカラダの間隔が小さい(近い)
(4)右手首の角度
 ・ フェイスが開くスイング: 右手首が屈曲している
    ※一般に「コックの溜めすぎ・ほどけなかった」「リリース遅れ」とも言われる現象。
 ・フェイスがスクエアなスイング:右手首はほぼ伸びている
(5)クラブの角度
 ・ フェイスが開くスイング: クラブが寝ている
    ※一般に「クラブが寝ている」とも言われる現象。
 ・フェイスがスクエアなスイング:クラブが立っている

§3 「左肘の向き」が諸悪の根源

 §2で、2つのスイングのインパクトにおける5つの違いを述べました。フェイスが開いたインパクトを改善するにはこの5つを改善しなくては・・・と思うと、ちょっと気が重たくなってしまいますね、、、、
 でも、ご安心ください。左肘の向きだけ改善すれば、あとは自ずと改善されてしまうのです。
 というのも、「5つの違い」はそれぞれが単独に発生しているのではなく、左肘の向き 」の影響でそのほかの問題も発生しているからです。
 従って、インパクト時の左肘の向きにさえ注意すれば、真っすぐなフェイス向きでインパクトすることができるのです。
 下図に示すのは、フェイスが開いたインパクトの姿勢から、左腕を外側に回し左肘を左斜め下に向けたらどうなるか、を試した写真です。左肘の向きを変えるだけで、フェイスがスクエアになるばかりでなく、その他の問題も解決することが判ると思います。

左肘を下に向ければ問題は全て解決する