時価(日次残存価額)計算機

減価償却の考え方を応用した日次残存価額の計算

【使い方】
1)計算方法を選択し、耐用期間(年)、最終残価率(%)を入力してください。
定額法とは、一定額を減価していく計算方法です。
定率法とは、残価の一定割合を減価していく計算方法です。
最終残価率とは、耐用期間経過後の取得価額に対する残価の比率です。
2)取得日、残価を評価する日(評価日)、取得価額を入力してください。
3)入力と同時に、計算結果欄に、経過日数残価率時価評価額が表示されます。
★注意★
この計算による計算値は、その物品の残存価額を保証するものではありません