達人のスイング その4(1955~1975年頃)

ビッグ・スリーをはじめ、歴史に名を残す選手が続々登場

ビッグスリー(The Big Three)と呼ばれるアーノルド・パーマージャック・ニクラスゲーリー・プレーヤーをはじめ、オーストラリア出身のピーター・トムソン、メキシコ系の人気者リー・トレビノなど、歴史に名を残す選手が続々と登場しました。

(1)ピーター・トムソン(Peter Thomson 1929-2018)

ピーター・トムソンは、オーストラリアのブランズウィック出身のプロゴルファー。20世紀以降ただ一人、彼だけが全英オープン3連覇を果たしました。オーストラレーシアン・ツアー43勝、ヨーロピアン・ツアー28勝、USPGAツアー6勝のほか、日本でも5勝しています。
〇メジャー 5勝
・全英オープン 1954・1955・1956・1958・1965年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=pM2BKFSw_Ko (4:17)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Peter Thomson Australian Golf Legend

(2)アーノルド・パーマー(Arnold Palmer 1929-2016)

アーノルド・パーマーは、アメリカ・ペンシルベニア州レイトローブ出身のプロゴルファー。PGA通算62勝(メジャー7勝)は歴代5位。1950年代に始まったテレビ時代における最初のスーパースターと言われており、”The King“と称えられました。さらに、同時代に活躍したジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレーヤーと合わせて”The Big Three“と称えられました。プレーにおいては刻むことを嫌い、常にグリーンを狙っていく積極的な姿勢を貫き、ファンを魅了しました。
〇メジャー 7勝
・全英オープン 1961・1962年
・全米オープン 1960年
・マスターズ  1958・1960・1962・1964年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=BDW_2az7w4k (3:02)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Arnie

(3)ゲーリー・プレーヤー(Gary Player 1935- )

ゲーリー・プレーヤーは、南アフリカ・ヨハネスブルグ出身のプロゴルファー。「The Big Three」の一人で歴代3人目のキャリア・グランドスラマーアフリカ出身ゴルファーのパイオニアであり、米国のほか南アフリカやオーストラリアなど各国のツアーに出場、メジャー9勝を含む100勝以上をあげ「南アの黒豹と呼ばれました。積極的にウェイトトレーニングに取組んだことでも有名です。
〇メジャー 7勝
・全英オープン 1959・1968・1974年
・全米オープン 1965年
・全米プロ   1962・1972年
・マスターズ  1961・1974・1978年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=9ZdAgToa2vE (5:10)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Gary Player – Golf Swing Compilation 1

(4)ジャック・ニクラス(Jack Nicklaus 1940- )

ジャック・ニクラスは、アメリカ・オハイオ州コロンバス出身のプロゴルファー。「The Big Three」の一人で圧倒的な強さと金髪により「ゴールデン・ベア」と称されました(日本では「帝王」とも)。アーノルド・パーマーやゲーリー・プレーヤーとの歴戦は多くのファンを魅了し、ゴルフをメジャースポーツの域に高めることに貢献しました。歴代4人目のキャリア・グランドスラマーであり、メジャー18勝は歴代1位。1996年にはシニアツアーの4大タイトルも全て獲得、唯一のPGA,シニアツアー両方のグランドスラマーです。

〇メジャー 18勝(歴代1位
・全英オープン 1966・1970・1978年
・全米オープン 1962・1967・1972・1980年
・全米プロ   1963・1971・1973・1975・1980年
・マスターズ  1963・1965・1966・1972・1975・1986年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=LLkWo_gTNN0 (3:13)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Jack Nicklaus – Drivers – 1965 Masters

(5)リー・トレビノ(Lee Trevino 1939- )

リー・トレビノはアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のプロゴルファー。PGAツアー29勝(メジャー6勝)。メキシコ系アメリカ人の象徴的存在で「スーパーメックス」「メリー・メックス」と呼ばれています。1960年に米国海兵隊を除隊しプロゴルファーに転身。1970年には賞金王となり、それ以降1970年代はジャック・ニクラスの最大のライバルとして死闘を繰り広げました。フェードボールの遣い手として有名ですが、元々はひどいフックに悩んでいたそうです。

〇メジャー 6勝
・全英オープン 1971・1972年
・全米オープン 1968・1971年
・全米プロ   1974・1984年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=9dZ_sjFzINM (1:23)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Lee Trevino Misc Swings