達人のスイング その6(1995~2015年頃)

そして、アスリート・ゴルファーの時代へ

ゴルフの世界にもスポーツセンスと身体能力に優れた「アスリート・ゴルファー」が続々と登場、むしろ、それが当たり前となる中、圧倒的なパワーと正確性、安定性、巧みさを併せ持ったアーニー・エルスタイガー・ウッズフィル・ミケルソンが登場し、世界中のファンを魅了しました。

(1)アーニー・エルス( Ernie Els 1969-)

アーニー・エルスは、南アフリカ・ヨハネスブルグ郊外ラムトン出身のプロゴルファー。大柄で流れるような柔らかいスイングから「The Big Easy」の愛称で親しまれ、PGAツアー19勝、欧州ツアー28勝を含む71勝を挙げています。ゴルフ以外のスポーツも得意で、テニスでは13歳の時に「 The Eastern Transvaal Junior Championships」で優勝しており、そのスポーツセンスおよび身体能力の高さから「アスリート・ゴルファー」のパイオニア的存在と言われています。
〇メジャー 4勝
・全英オープン 2002・2012年
・全米オープン 1994・1997年

<動画>https://www.youtube.com/watch?v=YCsVU91Hyu4 (1:40)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Super Slo-Mo Drive: Ernie Els

(2)タイガー・ウッズ( Tiger Woods 1975-)  

タイガー・ウッズは、アメリカ・カリフォルニア州サイプレス出身のプロゴルファー。2019年日本で初めて開催されたPGAツアー「ZOZOチャンピオンシップ」に優勝(2位は松山英樹)し歴代1位のサム・スニードと並ぶPGAツアー通算82勝を達成、メジャー15勝はジャック・ニクラスに次ぐ歴代2位、ベン・ホーガンに次ぎ史上2人目のトリプルグランドスラム達成するなど輝かしい成績を収め生涯獲得賞金額は1億ドルを突破、「アメリカ史上最も成功した現役スポーツ選手」とされています。(成績は2019年11月現在)
〇メジャー 15勝
・全英オープン 2000・2005・2006年
・全米オープン 2000・2002・2008年
・全米プロ   1999・2000・2006・2007年
・マスターズ  1997・2001・2002・2005・2007年

<動画1>https://www.youtube.com/watch?v=EYSFDOr9Av4 (4:41)
<動画2>https://www.youtube.com/watch?v=9i7ok4rVkVM (0:56)
<動画3>https://www.youtube.com/watch?v=zBtMWA0X2Pk (5:48)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Golf Swings: Tiger Woods Slow Motion: 08/11/07

Tiger Woods Golf Swing slow motion 2000

Tiger Woods Interview as Young 14-Year-Old | Golfing World

(3)フィル・ミケルソン( Phil Mickelson 1970-)

フィル・ミケルソンは、アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロゴルファー。2019年11月現在、メジャー5勝を含むPGAツアー通算44勝(歴代9位)を挙げており、生涯獲得賞金ランキングはタイガー・ウッズに次ぐ歴代2位。左打ちで「The Big Lefty」と呼ばれていますが、日常生活では右利き、本人曰く「父親のスイングを正面から見て覚えたため」とのこと。豪快なショットもさることながら、アプローチ・ショット、リカバリー・ショットでは幾多の伝説を残しています。
〇メジャー 5勝
・全英オープン 2013年
・全米プロ   2005年
・マスターズ  2004・2006・2010年

<動画1>https://www.youtube.com/watch?v=RjtX6yECeus (1:15)
<動画2>https://www.youtube.com/watch?v=pvI8W_L9h10 (7:07)
※動画再生時に音が出ますのでご注意ください。

Super Slo-Mo Drive: Phil Mickelson

Phil Mickelson's top-10 great escapes on the PGA TOUR