アイアンの基本スペックを確認しよう

クラブ進化に伴い基本スペックも多様化しているので注意が必要!

近年のクラブ性能の進化には目覚ましいものがあります。アイアンもその例外ではありません。
そんな中で、アイアンの番手ごとのロフト、クラブ長さ、ライ角といった基本スペックも大きく変化し、モデルによっての違いも大きくなってきています。
同じ7番アイアンと言っても、ロフト角やクラブ長さに1番手以上(ロフト3~4°、長さ0.5インチ以上)の差があることなどザラです。

従って、今後のアイアン選びには、各モデルの基本スペックを理解しておくことが重要となります。

(1)過去40年間のロフト角の変化

下図は、2019年に発売されたアイアンの番手別ロフトを、2010年、1990年、1970年のデータと比較したものです。(※注1)
2019年に発売された7番アイアンの平均ロフト角は29.6°でしたが、これは2010年発売モデルより約1/2番手分立っており、また、20年前(1990年)の6番アイアン、40年前(1970年)の5番アイアンと同等か、むしろそれらよりも立っています。
この変化を見ると、20年毎に1番手分ずつロフトが立ってきた、と言えそうです。

ロフトを見ただけでも、最近のクラブが飛ぶようになっていることが分かりますよね。

(2)過去40年間のクラブ長さの変化

下図は、2019年に発売されたアイアンの番手別長さを、2010年、1990年、1970年のデータと比較したものです。(※注1)
2019年に発売された7番アイアンの平均クラブ長さは37.2インチでしたが、これは2010年発売モデルより約1/2番手分弱長くなっており、また、20年前(1990年)の6番アイアン、40年前(1970年)の5番アイアンと同等か、むしろそれらよりも長くなっています。
この変化を見ると、ロフト同様、クラブ長さも20年毎に1番手分ずつ長くなってきた、と言えそうです。

以上のことから、2019年発売の7番アイアンは、20年前の6番アイアン、40年前の5番アイアンとロフト角もクラブ長さもほぼ同じ、と言えます。

(3)過去40年間のライ角の変化

ライ角は、番手により決めるべきものではなく、クラブ長さに応じて決めるべきものです。
従って、ライ角の変化は「クラブ長さとライ角の関係」を比較して確認することにしました。。
下図は、2019年に発売されたアイアンの「クラブ長さとライ角の関係」を、2010年、1990年、1970年のデータと比較したものです。(※注1)
2019年に発売された7番アイアンの平均値はクラブ長さ37.2インチでライ角61.9°でした。
同じクラブ長さに対するライ角は、2010年発売モデルは61.6°、1990年モデルは60.5°、1970年モデルは58.7°です。
2019年発売モデルは、2010年発売モデルとは大きな差はありませんが、1990年モデルより1.4°、1970年モデルより2.2°、アップライになっています。
また、クラブ長さが長い番手ほどよりアップライになっている傾向があります。
一般に、ライ角がアップライになるほどボールが捕まりやすくなりますが、反面、人により引っ掛けが出やすくなることもあるので注意が必要です。

(4)基本スペックはクラブによってばらつきが大きい

下図は2017年から2019年に発売されたアイアンの基本スペックデータをプロットしたものです。
小さなが各モデルのデータを示しており、中央付近に引いた直線は平均値を示しています。
モデルによってばらつきがかなり大きいことが分かります。

(5)基本スペックの評価方法

上記(3)に示した3つのグラフに、モデル個々の基本スペックをプロットすると、そのモデルの特性を評価できます。
下図はその例で、赤い評価するモデルのデータです。
下図例の場合、ロフト角は5~7番がかなり(4°以上=1番手以上)立っているが9番は平均値に近くなっていること、長さは4~6番がやや長めだが7番以降は平均値に近いこと、ライ角は全番手長さに対して平均値からややアップライになっていること、が分かります。
このことから、特に5~7番の飛距離アップが期待でき、ボールの捕まりも平均的~良いだろう、と推測できます。また、反面、5~9番の飛距離ピッチが少し粗くなってしまうこと、捕まりが良すぎて引っ掛けやフックのミスが出やすくなること、も推測されます。
このような推測を立てておくと、試打の際にチェックすべきことも明らかになるので大変便利です。

※注1 参考文献
・”Golf Club Design, Fitting, Alteration and Repair”,1982,Ralph Maltby,
・ゴルフクラブ評価navi、http://golfnavi.info/

(6)メーカー別アイアン基本スペック・チェックシート

※Iron Spec Check Sheetを参照したいメーカー名をクリックしてください。(新しいタブで開きます)
BRIDGESTONE GOLF(最終更新 2020.02.24)
CALLAWAY GOLF(最終更新 2020.02.24)
DUNLOP SPORTS (最終更新 2020.02.23)
FOURTEEN(最終更新 2020.03.15)★NEW
GLOBERIDE(最終更新 2020.03.15)★NEW
HONMA GOLF(最終更新 2020.03.15)★NEW
MAJESTY GOLF(最終更新 2020.03.14)★NEW
MIZUNO(最終更新 2020.03.02)
PING(最終更新 2020.02.24)
PRGR(最終更新 2020.03.02)
TAYLORMADE(最終更新 2020.02.24)
TITLEIST(最終更新 2020.03.02)
YAMAHA(最終更新 2020.02.24)