「なんで?ゴルフ」について

ご挨拶

 こんにちは。私は何手 南太郎(ナンタロー)と申します。
 さて、ゴルフには、理由のわからない「なんで?」とか、そもそも何のことだかわからない「なあに?」が、たくさんございます。
 私も、高校3年生位の時からゴルフを始め、大学ではゴルフ部にも入ったのですが、一向に上手くならない。そもそも、「なんで?」が多すぎて、どうしてよいやら分からない。挙句の果てに、「クラブが悪い!」ってなことになりまして、大学卒業と同時にゴルフクラブのメーカーに就職してしまいまして、それから35年間、クラブの開発やらスイングの研究やらに取り組んで参りました。
 石の上なら3年ですむそうですが、ゴルフに関してはその12倍近くもかかりまして、ようやく「なんで?」の幾つかがわかりましたが、今まで常識と思われていても、間違っていたり、誤解されていることが意外と多いことには愕然としてしました。これじゃ、一般のアマチュアであれば、しかも、真面目にレッスン書など読んで勉強している人たちほど、ワケが分からなくなってしまうのも無理ありません。
 私は2017年の暮れにクラブメーカーを卒業し、現在は念願の「フツーのゴルフおじさん」の生活を過ごしておりますが、まだまだ「なんで?」に悩まれている方々が多いようです。そこで、もし、私の知っていることが、そのような方々の悩みを解決するのに少しでもお役に立つのであれば、と思い、「なんで?ゴルフ」を開設させていただくことに致しました。
 どこまでお役に立てるかはわかりませんが、どうぞ、皆さま、よろしくお願い申し上げます。

平成31年(2019年)3月吉日
何手 南太郎(ナンタロー)

「なんで?ゴルフ」について

【概 要】
 ゴルフに関する「なんで?」とか「(それ、)なあに?」という疑問について、
 その答えやヒントを「あのね、」って感じで思いつくまま気の向くままに書いたもの。

【著 者】
 何手 南太郎(なんで なんたろう)

【著者略歴】
 1977年 セベ・バレステロスに魅せられゴルフを始める。
 1979年 大学入学と同時にゴルフ部に入部。
 1980年 初のホールインワン。ショートコースだけど・・・
 1981年 予選通過枠16位に1打及ばず予選落ち。
      ・・・たしか、これが大学での戦績のベストだったように思う。
 1982年 大学最後の試合の最後のホールを「8(+4)」で終える。
      ・・・ティーショットはチーピンで隣のコースだった。
 1983年 大学卒業と同時にクラブメーカーに就職。
   ~その後、クラブ開発、スイング研究など思いつくままに手を出す~
 1984年 2回目のホールインワン。ショートコースだけど・・・
 1988年 3回目のホールインワン。つくばねカントリークラブ17番ホール。
 2016年 日本ゴルフ学会に入会させてもらう。
 2017年 クラブメーカーをやっと卒業する。
 2018年 「フツーのゴルフおじさん」としての人生を歩みだす。
 2019年 「なんで?ゴルフ」を開設する。

【公開日】
 2019年3月10日